HOME > 高校支援・教員研修 > 教員研修(セミナー) > 授業スキル実践プログラム

授業スキル実践プログラム

タイムテーブル

1日目
無料オプション講義
[概説講義]
10:00~11:00 最新のトピックや関心の高いテーマなど、教科の枠を超えた内容をお届けする60分間の無料オプション講義。セミナー受講者はどなたでも参加できます。
【テーマ】
●新『共通テスト』を視野に入れた指導のポイント(仮)
第1時限 11:15~12:45 各講座紹介をご参照ください。
第2時限 13:45~15:15
第3時限 15:30~17:00
2日目
第1時限 10:00~11:00 各講座紹介をご参照ください。
第2時限 11:15~12:45
第3時限 13:45~15:15
第4時限 15:30~17:00

※講義内容は予告なく変更されることがあります。

受講料

通常料金(税込) 割引料金(税込)※
43,200円 / 1講座1名様 36,000円 / 1講座1名様
※リピータ割引、複数申込割引のいずれか適用で割引されます。詳しくはお問い合わせください。

申込方法

(1)FAXでお申し込みの方
申込書に必要事項をご記入の上、代ゼミ教育総研宛にFAXを送信してください。
申込書のダウンロードはこちら
講座コード一覧はこちら

(2)WEBサイトでお申し込みの方
下のお申し込みフォームからお申し込みが可能です。必要事項を入力後、送信してください。

インターネットでのお申込みはコチラ

お申し込み後の流れにつきましては、以下を参照ください。
お申し込み後の流れ

講義内容&担当講師

英語 福崎 伍郎 講師

ゼロから究める!英語アクティブラーニングのワークショップ

福崎 伍郎
【自己紹介】
駿台、河合塾、東進を経て、代ゼミ教育総研の主幹研究員に着任しました。
講義の他、新規プログラムの開発や教員研修に取り組んでいます。30数年の予備校講師人生を通して、英語を学ぶ知的好奇心を刺激する授業を追求してきました。
【本講座の主眼】
「アクティブラーニングを形だけ取り入れても、生徒は相変わらず受け身のまま。主体性や協働性が育たず、深い学びへの道筋が見えてこない…」こうした悩みを抱える若手の先生方を対象に、原点に立ち返ってアクティブラーニングの『あるべき姿』を共に探求します。また、過去に本プログラムに参加していただいた先生方をリーダーとしてお招きして、『アクティブラーニングの現状』についてリアルな報告と『学ぶ力を引き出す工夫』についての実践的な助言をいただく予定です。
【第1日目】
<第1時限~第3時限>
グループに分かれて、課題(長文)のどこをどう教えるべきかを話し合い、それを具体化した設問作りをします。次に、各グループで考案した設問について全員でさまざまな角度から議論し、深い学びを促すという観点から『あるべき設問』を確定していきます。最後に、参加者を生徒に見立てた模擬授業を行い、教える側と学ぶ側双方からの『気づき』を共有します。
【第2日目】
<第1時限~第4時限>
『読む』から『書く』への2技能統合型授業の組み立て方を探求します。講師が基本となる方法論を共有するためのモデル授業を行った後、課題(自由英作文)についての教案をグループディスカッション形式で作成し、模擬授業をしていただきフィードバックを受けます。最後に、一人ひとりに今後に向けた課題の指摘と助言を行います。

インターネットでのお申込みはコチラ


数学 湯浅 弘一 講師

レベル別の高校現場の教材の作成実習と授業

湯浅 弘一
【自己紹介】
予備校講師歴30年のうち代ゼミ歴25年。大学講師歴18年。湘南工科大学特任教授として大学でも毎週講義。
幅広い学生層の観察力が得意。NHK(Eテレ)高校講座数学Ⅰ監修講師として毎週出演中。
著書は約60冊。
【本講座の主眼】
「教材は教科書のコピーではない。」
「何をわかりやすく教えたいのか?」
「演習は量をこなせば良いものだけではない。」
「他の科目のバランスも考えての量の検討と提出できる量の検討。」
「“質が良い教材”の質とは?」
なかなか先輩教師から教えてもらえないこれらの疑問を共有することで、『深い』教材を使っての授業を行います。
【第1日目】
<第1時限~第3時限>
事前に教材を、実際に作っていただきます。その教材で小生が授業を実演させていただきます。そこから教材の作成の穴に気づいていただきます。授業の場面環境設定を行うことで、想定と現実のギャップを無くすのが目的です。
【第2日目】
<第1時限~第4時限>
短時間でレイアウトも含めて、その場で教材を作っていただきます。そして授業をしていただきます(自由参加)。持ち時間の中で消化できる量と解説できる話し方、課題への移行などを実践していただきます。

インターネットでのお申込みはコチラ


論理国語 船口 明 講師

「新しい国語」の学びを探求する-「現代の国語/論理国語」教授法-

船口 明
【自己紹介】
河合塾を経て代ゼミ講師に。現在は代ゼミ教育総研の主幹研究員として、「新しい学び」や「新テスト」に対応した授業のあり方や教材について研究しています。子どもたちが、より「伸びる授業・力がつく教材」とは何かを、自問しながら追求しています。
【本講座の主眼】
新課程「現代の国語」「論理国語」について、指導要領の「内容」、具体的な「指導事項」「言語活動例」を基に、新しい国語の教授法と学びを探求します。また「大学入学共通テスト(新テスト)」についても分析を共有し、高等学校での日常の授業での学びと、どのように接点を持たせていくのかを探求します。
【第1日目~2日目】
以下のような内容です。模擬講義は、自ら授業をすることにおいても学びや発見がありますし、ベテランの先生、また若い先生の新しいスタイルの授業を見ることでも学びや発見が得られます。和気藹々としたあったかい場です。怖がらずにどんどん挑戦してください。
①「現代の国語」指導要領を具体的な学びにつなげる
②「論理国語」指導要領を具体的な学びにつなげる
③新指導要領を意識した授業 希望者/代表者による模擬講義を通した学び
④「大学入学共通テスト」の目指すもの
⑤ ①~③と④をつなぐ

インターネットでのお申込みはコチラ