HOME > 大学支援 > 入学後補習

入学後補習

入学後補習|大学での学びを準備する(2)《入学後補習》

学力が伸びた実感が学びの主体性を育成
様々な選抜方法が採用されている現在の大学では、入学者の学習履歴や学力の状況も多様です。しかし、多くの理系学部などでは大学の授業を受けるために必要な一定の知識、学力が不可欠です。
本プログラムは学力のばらつきを均し、大学での学習を円滑にスタートさせることを目的としています。

  • ①成績表をスピード返却 最短で実施2日後に得点状況をお届けします。 ②マークシート式、試験時間は30~60分 豊富な科目ラインナップ(英・数・国・理・地歴公)に加え、使いやすいレベル別設定です。 ③個人成績表、小問別正答一覧等の詳細データ 受験者用に解答解説集も作成可能です。復習用の学習教材としてもご活用いただけます。
    補習講座受講者の選定や総合型選抜・学校推薦型選抜入学者の学力把握などにご利用ください。
  • アチーブメントテストによる効果測定は大学、学生双方にとって学習成果を確かめる大切な機会です。「伸びた実感」が学生の学習意欲をさらに高めます。また、学び残しが見られるときは継続学習を指導することで、より確実な高大接続が図れます。
  • 代ゼミ講師によるわかりやすく楽しい授業で、学生の学力を強化し学習意欲の向上を図ります。
    大学様のご希望に合わせて科目・単元・レベル設定をし、ニーズに沿った形式の授業をご提供します。プレースメントテストの結果に受講生の学習状況を加味した、オリジナル編集の教材も作成します。


入学後の学習に必要な学力水準に満たない入学者に対し、わかりやすい補習講義を行います。また、入学後の学びに必要な単元・科目を受講していない入学者に対しても、必修分野の補習講義を実施します。学力・履修単元が足りない入学者の学力を補強することで、学生全体の学力水準の底上げを図り、学生が講義についていけず修学を断念するようなケースを防止します。受講前にクラス分けの目的も兼ねてプレースメントテストを、受講後にアチーブメントテストを実施することで、補習受講後の成果も把握できます。また、講座の出席管理も承っています。

【受講者アンケートより】受講者満足度の高さが効果を生み出します。 代々木ゼミナール教育総合研究所がこれまで高等学校等で実施した「授業アンケート」の集計データを分析した結果、学習意欲は「達成感」と「成功体験」に相関することがわかっています。
ここでは代ゼミの大学支援プログラムが実施した「入学後補習」について、受講後アンケート結果の一部をご紹介しましょう。

  • Q.学力は伸びた?
    「非常に伸びた」「伸びた」と回答したのは全体の94%近くに。学力の伸長感は学習に対する自信を高めます。
  • Q.担当講師(授業)は?
    代ゼミ講師の満足度は100%!
    受験生をよく知る代ゼミだから実現できた満足度です。